*

【朝日杯FS】ツィンクルソード号 父の剛脚、母の先行力受け継いだか!?

公開日: : 最終更新日:2014/05/16 競走馬画像

今年の2歳王者決定戦が「第65回朝日杯FS」は空前の大混戦。牝馬にダート無敗馬、さらに地方馬プレイアンドリアルも注目の的だが、もう1頭のデュランダル産駒ツィンクルソードも見逃せない馬。先行力と切れ味を秘めた芦毛の馬体が、不気味な輝きを放っている。
その名からも輝く剣。ツィンクルソードは父母の特長をしっかりと受け継いでいる。父はデュランダル。現役時、国内で走った17戦中15戦で最速の上がり(3F)をマークしてG1・3勝を挙げた切れ者だった。母ツィンクルブライドは94年桜花賞2着。好位3番手から抜け出し、勝ったオグリローマンの強襲には屈したが、鼻差2着に踏ん張った馬。

 父の切れ味が、母の先行力をいかんなく発揮したのが前走(500万下)。スタート直後から掛かり気味の走りで、向正面の中間でいったんは先頭に押し出されるか。鞍上のリスポリが必死になだめ、何とか2番手に控えて勝負どころへ。4角では内外から他馬に挟まれる形でプレッシャーを受けたが、直線に向くと瞬時に加速した。3F33秒9の末脚で後続を寄せ付けなかった。担当の平田助手は「掛かった時点でダメだと思った」と振り返った上で「能力で勝ってくれた感じ。折り合いは難しいが、それでも切れ味がある」と、潜在能力を再認識した一戦だ。

 中間は短期放牧を挟んで、ここ一本に絞っての調整。「順調ですね。先週、目いっぱいに追ったら、また一段階良くなった。全身を使って走れるようになったし、息遣いもいいかなと」と体調面の不安はない。「あとは中山までの輸送。これだけはやってみないと…」と、初の長距離輸送を課題に挙げたが「楽しみの方が大きいんです」と笑顔を見せる。

 松永昌厩舎は大将格のウインバリアシオンが屈腱炎を克服して、先月30日の金鯱賞で1年5カ月ぶりに戦線復帰。3着に激走し有馬記念に向かうことが決まった。平田助手が「厩舎のムードはいいですよ。竹邑さん(バリアシオンの担当厩務員)からも“いいバトンを渡してくれよ”と言われました」と話す。中山向きの先行力とを生かして、好位から繰り出す追い込み馬並みの末脚。2歳王者へ、輝きは増すばかりだ。

この馬は不気味だな

関連記事

トウショウプライド号・馬の写真

トウショウプライド号の画像になります。父をローエングリンにもつ牡の4歳馬だ!現在は500万クラスに甘

記事を読む

【京成杯】プレイアンドリアルが 折り合い特訓で呼吸ピタリ!

ちほう馬の意地をここで見せる。中央競馬は先週、3日間開催だった影響で水曜追いは数頭のみ。京成杯でJR

記事を読む

レッドラウダ画像

レッドラウダ画像です。 2016年クロッカスステークスのパドックになります。 石川裕紀人騎手

記事を読む

セレナビアンカ画像

セレナビアンカ画像です。

記事を読む

競馬画像・トーセンレーヴ・青葉賞

あの青葉賞!私はこの馬が余裕で勝つのではないかとスタンドから見ていました! ただ・・・・・

記事を読む

no image

フェアリーS」大本命はどのうま!?

今週の中山メーン3歳牝馬じゅしょう「フェアリーS」の追い切りが8日、美浦トレセンで行われた。全休日明

記事を読む

no image

有馬記念】カレンミロティックが91年「世紀の番狂わせ」再現させる!?

有馬記念といえば、必ず名前の挙がる馬がいる。ダイユウサク。91年、15頭立てのブービー14番人気なが

記事を読む

トゥザワールド

トゥザワールドのダービー入場シーンです。 トゥザワールド

記事を読む

コウヨウマリア・壁紙

コウヨウマリア号の画像になります。スイートピーステークスでは8着と残念な結果ではありましたがダンスイ

記事を読む

ニンジャ・馬の写真

ニンジャ号の馬の写真になります。名前がニンジャではありますがまだオープンクラス!ここからが正念場であ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シルクドリーマー画像

シルクドリーマー画像です。

シングウィズジョイ画像

シングウィズジョイ画像です。 最後は・・・・。 本当に安らかに

ロッカフルベイビー画像

ロッカフルベイビー画像です。なかなかファンキーな名前ですね!

メイショウメイゲツ画像

メイショウメイゲツ画像です!

ジュエルクイーン画像

ジュエルクイーン画像です。 かわいい馬名です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑