*

有馬記念・オルフェ有終の勝ちを!破天荒ホースに感謝込め池江師誓う

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 競走馬画像

さあきた、グランプリウイークが始まった。中央競馬の総決算「第58回有馬記念」でラストランを迎えるオルフェーヴル(牡5=池江)は15日朝、滋賀県栗東トレセンで坂路で日曜追いを行い、素軽い動きを披露した。池江泰寿師(44)が「破天荒」と表現する希代のキャラ立ちホース。指揮官は別れを惜しむとともに、最終戦を飾るべく気合をにじませたと。

現役最後の1週間。オルフェーヴルがそのことを理解しているかのようだ。デビュー前から黙々と上り続けた坂路。ウッドチップの感触を体に刻み込むように、手応えを残したまま加速した。栗毛の馬体をおどらせて800メートル55秒9~200メートル13秒4を楽にマークした。

「元気だです。気持ちも乗っている。凱旋門賞後、(すぐに帰国せず)現地で疲れを取ったこと。それからジャパンCをパスしたことがいい方に出ている」。兼武助手の口調はなめらか。大一番前のピリピリ感は皆無。順調さゆえで、ここまで不安は全くない。

やまあり谷ありの競走生活だった。強いだけなら星の数ほどいる。だがオルフェは何というか、人間くさい馬だった。確固たる主張があり、それゆえ人とも衝突したが。関係者は苦労したが、ファンにとっては、そこがたまらなく魅力だった。池江師は「一言で言うと“破天荒”。ヤンキーが3冠馬になったようなもの」というが。慈愛に満ちた苦笑いを浮かべながら3年半の現役生活を振り返った。

デビュー戦から規格外の馬。1着入線後に池添を振り落として放馬。口取り写真を撮れなかった。一戦ごとにきつくなる気性。陣営は短期放牧先のノーザンファームしがらきと連携を重ねて、1頭だけで調教するなど、時間も手間もかけ工夫を凝らした。スプリングS1着でようやく実を結び、その後は5連勝で史上7頭目の3冠奪取した。「激しい気性でスタッフは毎日大変な思いをした。ただ、父ステイゴールドはもっと激しかったなあ」(同師)

11年は有馬記念も制して、最高の締めくくりを果たしたが翌年、気性面の不安が再び顔をのぞかせる。阪神大賞典、2周目3角。池添の制止を振り切って先頭に立つと、レースが終わったとに勘違いして外へ逸走。そこから2着まで盛り返したが、気持ちの危うさと、とんでもない潜在能力を印象づけた。続く天皇賞・春は11着惨敗して。陣営は馬と人間の基礎的コンタクトから見直し、短期間で立て直して宝塚記念で復活Vを果たした。同年凱旋門賞は直線でインにヨレ、残り20メートルで差されて2着だ。今年の同レースも2着で日本競馬の悲願を達成することはできなかったが、個性的なキャラクターと荒々しい強さでファンを魅了し続けた馬。

「凱旋門賞で2度負けたが得たものは多いと。スタッフは精神面、騎乗技術を鍛えられた。僕も気持ちに余裕を持つことができるようになった。オルフェからは本当に多くのことを学んだ」。池江師の胸に去来するのは相棒への感謝の思いです。最後の一戦を勝利で締めくくることが、オルフェへの最高のはなむけになるか。

※(1)11年3冠で 東日本大震災の影響で東京開催となった皐月賞、不良馬場のダービーを完勝して迎えた菊花賞。3角手前で一気に仕掛ける大胆な戦法で史上7頭目の3冠馬に輝いた馬。

※(2)12年阪神大賞典で 4歳初戦。折り合いを欠き2周目向正面で先頭に立つと3角手前で外ラチ方向へ大きく逸走。その後立て直し、勝ったギュスターヴクライの半馬身差2着まで盛り返した馬。

※(3)12年天皇賞・春で 調教再審査をクリアして臨んだ大一番。単勝1.3倍の断然人気に支持されたが、終始後方のまま見せ場すらつくれず、勝ったビートブラックから1秒8差の11着に沈んだ馬。

※(4)12年凱旋門賞で 前哨戦のフォワ賞を制して立った夢の舞台。直線で抜け出したが、後続を3馬身突き放したところで内にヨレて失速。ソレミアに差し切られ、日本馬初の快挙は夢と消えた馬。

さあいけ!ラストラン!!!!!

関連記事

オメガスパーキング!東京競馬場にて!馬の画像シリーズ

オメガスパーキング!東京競馬場にて!馬の画像シリーズ! 懐かしい馬です! なかなか芽が開かないが

記事を読む

ペルーサ!馬の画像。

こないだ久しぶりのレースだったが結果は……残念。でも次には期待できるかなと。 意外と長距離

記事を読む

マイネイサベル馬の画像!

ここはどーーん!牝馬ながら強靭な追い込み馬のマイネイサベルをご紹介です! この馬はきまぐれ

記事を読む

ボールシッター画像

ボールシッター画像です。黒い馬体が綺麗です。

記事を読む

ダノンシャーク・壁紙高画質

ダノンシャークです。今回の安田記念も前線止まりでした。あと一歩でG1馬の道が閉ざされてしまっています

記事を読む

セイクリットバレー号。競走馬画像

セイクリットバレー号、東京競馬場のパドックにて。 この馬の末脚は素晴らしいものがあります。タニノギ

記事を読む

ピースオブウィーク号・競走馬画像です

ピースオブウィーク号の馬の写真です。父はスペシャルウィークです。近走も安定の走りをしているのでいつか

記事を読む

ショウナンパンドラ 受け継がれた天性の素質

勝ち馬から多くの名牝を生んだ3歳牝馬オープン・エルフィンSで、開業4年目の高野厩舎が送り出すショウナ

記事を読む

ヒロスマイルの馬の画像!東京競馬場にて!

ヒロスマイルの馬の画像!東京競馬場にて! マニア必見の画像です! 名前だけで元気になりそうで

記事を読む

no image

【有馬記念】トゥザグローリーが「筋肉もガッチリしてきた!」ここは万馬券の予感。

前走の金鯱賞で4着と復調の兆しを見せたトゥザグローリーが(牡6=池江)冬場に強いタイプで気温が下がる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

レインスティック号と後藤騎手・・・

レインスティック号と後藤騎手・・・ こんな素晴らしい騎手がなぜに

シルクドリーマー画像

シルクドリーマー画像です。

シングウィズジョイ画像

シングウィズジョイ画像です。 最後は・・・・。 本当に安らかに

ロッカフルベイビー画像

ロッカフルベイビー画像です。なかなかファンキーな名前ですね!

メイショウメイゲツ画像

メイショウメイゲツ画像です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑