*

ギャンブル【京成杯】むきず2連勝エアアンセム 伊藤正厩舎ゆかりの一族でG1制覇!

公開日: : 最終更新日:2014/01/30 競走馬画像

こんしゅうの中山メーンは3歳重賞「第54回京成杯」。注目は新馬、ホープフルSと無傷の2連勝で駒を進めてきたエアアンセム。伊藤正厩舎ゆかりの血統馬がクラシックへむけ好発進。G1タイトルまであと一歩届かなかった厩舎の近親馬の思いを背に重賞獲りに挑む。

新馬→ホープフルステークスで無傷2連勝。エアアンセムの快進撃には伊藤正師も度肝を抜かれている。「新馬直後、もしかすると、我々が思う以上に走るんじゃないかと…。ひじょうにクレバー。クラシックを意識します」

 後藤騎乗の新馬せん(東京1600メートル)は8番人気ながら、3番手から楽に抜け出す味な競馬。ホープフルS(中山2000メートル)も8番人気。ちゅうだん追走から内をズバッと抜け、一躍クラシック候補になった。「2戦が異なる競馬場。マイル→2000メートルと距離も違うので競馬のスタイルも変わってくるか。それを完璧にクリアした。賢いですね。性格的に優しい血統ではないけど、普段でもできる人間とできない人間を見抜いて接するような面があるかな」と同師は長所を把握する。

 ほれ込む背景には、大切に育んできた血統背景がある。祖母エアデジャヴー、母エアマグダラは共に師が管理。祖母は牝馬3冠皆勤も、オークス2着など、あと一歩でなみだをのんだ。通算4勝と活躍した母も4歳夏で引退。「お母さんは性格がきつかったが、素晴らしい能力を持っていた。でも脚元が弱くて。デジャヴーももう少しで勝つところまでいったが、G1は勝てなかった。(マグダラの兄の)エアシェイディもそう。頑張ってくれたけどね」。アンセムでのG1完全制覇は指揮官の悲願なのだ。

 後藤騎手も再会を待ちわびている。「新馬戦は正直タイムオーバーになるかも…と思っていたぐらい。人間の想像をはるかに上回る馬なのかも。2戦目後の調教でも変化を感じたと。今回も含め先々が楽しみ」と桁外れのスケールを感じている。

 放牧はできる限り出さず手元で育てるのが流儀。京成杯出走は日々愛馬と接する師の決断でもある。「アンセムは1~2カ月後に伸びる段階が来る。それなら、変動がほとんど少ない今の時点で使う方がいい。関東ファンの期待?そうなってくれれば」。待望久しい東のダービー候補。アンセムの新年初戦には、ビッグな夢が詰まっているんです。

関連記事

レッドリヴェール・第74回桜花賞

レッドリヴェールの画像になります。前走からのレース間隔はあきましたがしっかり調教は積んできました。た

記事を読む

フォーエバーモア画像

フォーエバーモア画像です。 foebamoa

記事を読む

フェブラリーステークスの伝説・・・・競走馬の常識

今回のフェブラリーステークスはまさかの最下位人気のコパノリッキーが勝利! 強い勝ちっぷりでしたね・

記事を読む

府中開催!

いまからわくわく!

記事を読む

ベルキャニオン号・ダービー

ベルキャニオンの画像になります。今回は得意の東京競馬場ではありましたが距離が長かったのかなと感じまし

記事を読む

ダイワストリーム号・競走馬画像

ダイワストリーム号の馬の写真です。常に人気の馬ではありますがなかなか勝ちきれないんですよね。父はダイ

記事を読む

no image

ハーツクライが騒ぐ!

ハーツクライ産駒3頭には史上2組目の有馬記念親子制覇がかかるです。これまではシンボリルドルフ(84、

記事を読む

ドリームバレンチノは鞍上岩田でフェブラリーステークスへ!

ここは厳しいのでは!強敵がおおすぎる! この馬が絡んでくれば万馬券は間違いないが・・・・

記事を読む

アジアエクスプレス号・夢はブリダーズカップ

今週は変則3日間開催。中山は21日(金・祝)、23日(日)。23日に行われるメーンは皐月賞トライアル

記事を読む

イスラボニータ・皐月賞画像

昨日の主役は間違いなくこの馬!イスラボニータです。バネのる走りは父フジキセキを彷彿させる走りでした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

レインスティック号と後藤騎手・・・

レインスティック号と後藤騎手・・・ こんな素晴らしい騎手がなぜに

シルクドリーマー画像

シルクドリーマー画像です。

シングウィズジョイ画像

シングウィズジョイ画像です。 最後は・・・・。 本当に安らかに

ロッカフルベイビー画像

ロッカフルベイビー画像です。なかなかファンキーな名前ですね!

メイショウメイゲツ画像

メイショウメイゲツ画像です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑